医療脱毛Vライン効果は?痛いって本当?【何回で薄くなる?】

Vライン医療用脱毛、痛みはあるの?

療用脱毛,レーザー脱毛,痛み,Vライン脱毛

最近人気のVライン(ビキニライン)医療脱毛。

 

Vラインの毛が太くしっかり生えているため、レーザーが反応しやすく、脱毛効果が非常に高いことでも知られています。

 

Vラインは下半身ですので、施術時には上半身は着衣のままで問題ありません。

 

クリニックが用意したタオルガウンを腰に巻き付けた状態で下着を脱ぎます。

 

レーザーを照射する時には、タオルを少しずつめくりながら行います。

 

Vライン脱毛は痛い?

 

Vラインの医療脱毛について最も気になるのが痛みです。

 

Vラインは体のあらゆる部位のなかで最も強い痛みを感じる部位と言われています。

 

少しでも施術時の痛みを和らげるために、2種類の麻酔(別途料金が必要)を打ったり、冷却シートで部位を冷やしながら、黒い色素に反応する時に生じる熱を下げたりします。

 

また、痛みを感じるのは、必要以上にこわばりドキドキしてしまうためでもあります。

 

テンポよい声かけにより、緊張によるストレスを軽減し、痛みを和らげます。

 

Vラインを体験したことのある人の多くは、「輪ゴムでパチンと弾いたような痛みを感じた」と口を揃えて言いますが、これを痛いと感じるかどうかは個人の感覚によります。

 

もちろん、施術内容はクリニックごとに異なるわけですが、痛みよりもレーザーを照射時の熱を強く感じる場合があります。

 

Vライン脱毛副作用は?

 

Vラインはデリケートな部位ですので、医療脱毛を終えた後に副作用が出る恐れがあります。

 

代表的な副作用として、炎症性浮腫、毛嚢炎、打ち漏れ、火傷があります。

 

Vラインは複雑な形状をしているため、体に力が入ると、打ち漏れを起こしてしまう可能性が高いです。

 

これはVラインの医療脱毛のリスクの1つと言えます。

 

体に力が入ってしまうのは、痛みに耐えようとする気持ちが強く働いてしまうためだと思われますので、そのような場合は、笑気麻酔(笑気麻酔が体質に合わない方は、麻酔クリーム)の使用を医師にお願いするようにしましょう。

 

Vライン脱毛火傷を抑えるには?

 

それから、レーザーがVラインの色素沈着に反応し、火傷を起こすことがあります。

 

火傷の被害を抑えたいなら、「ハイドロキノン」と呼ばれる美白剤を使用されることをおすすめします。

 

これは顔のしみ対策にも使用されている美白剤であり、これを使用することで、鼠径部の色素沈着をある程度改善することができます。

 

その他にも、施術後、皮膚に赤みが出ることがあります。

 

しかし、Vラインは下着で隠れる部位ですので、特に問題にする必要はないでしょう。Vラインの毛は太くしっかりしているため、脱毛後、かえって毛が増えたり、濃くなったりするリスクは極めて低いです。