mainimg

ニード脱毛は電流を使って行います

ニードル脱毛は確かな永久脱毛効果がある反面、ニードルによって毛根に電流を流す方法なため、毛根部は軽症の火傷の状態になってしまいます。
そのため、処置の後は脱毛部分が赤くなってしまい、痛みを伴うことがあります。
そうしたヤケドによる炎症の症状を抑えるため、保温、冷却などのケアが重要です。
一般的に、医療脱毛の場合には脱毛サロンやエステに通うよりも行かなくてはいけない日が少なくなります。
どれくらいで満足するかにもよってきますが、普通であれば6回程度の施術を行うと、納得のいく状態になるはずです。
複数回まとめて契約する方が安くなる場合が多いため、6回くらいで申し込むといいですよ。光脱毛でうなじ周辺の脱毛を行う時には、施術が18回以上になることを受け入れて受けなければいけません。
頭部に近いうなじには産毛がほとんどないため、光脱毛による脱毛では、そんなにきれいに脱毛できない恐れがあります。
でも、6回の施術で満足できる人もいなくはないため、人によって異なります。
完璧にすべすべにしたいなら、電気脱毛がオススメです。
妊娠中、脱毛サロンでの施術を断られることが少なくありません。
妊娠してからはホルモンバランスが変化するので必ずしも脱毛効果が得られませんし、肌トラブルを起こす可能性があります。加えてお腹の子に影響があるかもしれないので、妊婦さんへの施術は行うことが出来ません。妊娠してから出産までは長期契約は控えましょう。

1 2 3 4 5 6 10

▲Pagetop